トム・クルーズ主演のSFアクション。
原作は日本人が書いた小説だそうで。

カチンコ映画チケットカチンコ映画チケットカチンコ映画チケットカチンコ映画チケットカチンコ映画チケットカチンコ映画チケット

オール・ユー・ニード・イズ・キル

原題はEDGE OF TOMORROW

これ、原題と邦題が違うとは思いませんでした。
なんでこんなに違うタイトルなのかな? と思ったら、『オール~』は原作小説の題名なんですね。
私は原作小説を知らないんですが、設定やストーリー展開がかなり変更されているので、映画の原題は小説の原題と違うものを付けたのかな。

そのへんの詳細はウィキペディアにあります

SFのジャンルでは“ループもの”というんだそうで。
主人公が死んでは生き返って、同じ時間をやり直すんだけど、当人はやり直している時間の記憶が残っていて何が起きるのか分かっている(たいていは悪い結果)ために、それを起こさないように行動しなくてはいけない。というのがループもののストーリー展開。

ダンカン・ジョーンズ監督の『ミッション:8ミニッツ』(これの原題はSOURCE CODE)も似たような展開の映画でした。

これですね。
ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]/ジェイク・ギレンホール,ミシェル・モナハン,ヴェラ・ファーミガ

¥2,571
Amazon.co.jp

EDGE OF TOMORROWという原題はこの「時間ループ」を表すためのものかな、と思います。edgeは主に「刃、鋭さ」「端、境界」というような意味で使われますが、「危機」「優勢、強み」という意味もあります。映画の内容から考えると、このタイトルの場合は後者の意味が強いかな。

ところで、邦題でもある小説のタイトルですが、これはビートルズの名曲ももじりなのは言わずもがな、ですね。

個人的にはLOVEをKILLに言い返るのは好かないなぁしょぼん

この「All you need is ~」という言い回し、文法的にもけっこう取り上げられることがあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14114310444
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13119872248

受験生さん、ぜひ覚えておいてくださいね(笑)

Comments

comments