『日本語脳』と『英語脳』

  • 『日本語脳』と『英語脳』 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

昨日、『英文法はネイティブ感覚で学ぼう』ということ書きました。

今日も続きのお話。

以前、生徒に使おうと思って、あるeラーニング教材で
大学受験の英語講座を見ていた時のことです。

先生が完了形の説明をしていました。

完了形って「完了」「継続」「経験」を表す時に使います。
(学生時代に習ったの、覚えてますか!? ^^;)

その先生、いちおうこの3つの違いを説明したうえで

「そもそも英語をしゃべる人たちは、こんなふうに完了形の
用法を区別してないんですよ」

ってなことを言ったんです!

なんと!!!!!(―_―)!!

いやあ、目からウロコでした。

まぁこの先生の言ったことはちょっと極端ですけどね。

ネイティブも完了形の用法は使い分けています。

昨日紹介した『English Grammar in Use』なんかでも、ちゃんと分けて説明してますから。

じゃあ、eラーニングの先生が何を言いたかったかというと

日本人が考える言葉の使い方(日本語脳)の定義と、英語を話す
人たちが考える言葉の使い方(英語脳)の定義は同じじゃない

ということなのです。

逆を考えてみましょう。

日本語の「~している」という表現。

英語では現在進行形の場合と、現在の状態を表す場合とありますね。

でも日本語では使い分けないことがあります。

例えばこんな感じ。

I am studying English (now). 
私は(今)英語を勉強しています。

I study English ( at school ).
私は(学校で)英語を勉強しています。

文法だけじゃなくて、単語の意味も同じことがいえます。

だから、言いたいことを英語にしようと思ってただ和英辞典を
引いて言葉を並べても、正しい英文にならなかったりするのです。

インターネットの自動翻訳サイトをイメージすると、もっと
分かりやすいかな。

そもそも、英語を日本語に直訳するなんて無理なんです。

日本人と英語をしゃべる人たちは、物事の考え方が違うんだから
言葉の使い方が違うのは当たり前

物事の考え方が違うのは、歴史、文化、生活習慣、宗教観、
道徳観などの違いがあるからです。

だから私は、本当に英語でコミュニケーションを取りたいと
思ったら、彼らの歴史、文化、生活習慣、宗教観、道徳観まで
意識する必要があると思うのです。

英語を学び始めたしょっぱなから、そんなことまで考えるのは
大変かもしれないですけどね^^;

だから、せめて英語で書かれた文法書や英英辞書を使って
『ネイティブの感覚』『英語脳』を感じながら勉強してみて
ほしい
と思うのです。

よろしければクリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村

◆留学ブログ、こちらで書いてます◆
Over40のニュージーランド留学雑記

Comments

comments

  • 2015 06.04
  • 『日本語脳』と『英語脳』 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今まで学んだ自己啓発、成功法則じゃ変われなかった人に

あなたが日本人なら、
最も使いやすい&実現しやすい
成幸の秘訣”

日本語(言霊)の力を
知り、利用すること

です。

私が半年間、「言霊学セミナー」で学んだツボが
この本には詰まっています。

あなたの人生に奇跡をもたらす 和の成功法則

参加募集中!

「ことだま力」で、あなたの

・悩み、問題を解決できます!

・夢が叶いやすくなります!

・生き方が変わります!

そんな「ことだま力」の使い方、知りたくありませんか?

ことだまメソッド「まなゆい」を取り入れた
ことだま力ワークショップ、セッション やってます。

 

~自分を解放する!
ことだまワークショップ~

◆5月13日(土) 10:00~15:00
岡崎市 こあサロン

詳細はこちらでどうぞ

「まなゆい」が詳しく紹介されてます!

『実践!世界一ふざけた夢の叶え方』 こちらで購入すると、特典付きますよ~
2017-01-16 21.41.36

アーカイブ