今日も英語ネタです。(*^_^*)

これまで書いてきたような認識や定義の差で、使い方の
ニュアンスが違っていた英単語とか英語の表現ってけっこう
あります。

ことしの初め、ニュージーランドで語学学校に通っていた時も
認識の違いをいくつか発見しました。

その1つがfavorite。

英和辞典をみると (英辞郎より)

【名】
1. お気に入り、大好きなもの

【形】
お気に入りの、大好きな、好みの、愛用の、ひいきの

というように書いてあります。

レッスンの中でゲームをしていた時、

Who is your favorite musician?

という質問がありました。

私はUKロックが好きなので、『お気に入り』のアーティストの
中から一人挙げました。

すると先生に「こないだ言ってた人と違うじゃないか」と
言われたのです。

数日前に先生と音楽の話をしたんですが、その時はほかの
アーティストの名前を出したんです。

なので

“He is also my favorite musician.”

と答えると、「favoriteは1つだけだ」と言うのです。

つまり

favorite ≒ like the best

一番好きなものなんですね。

だから“one of the most favorite ~”という言い方は
おかしいんだそう。

Favoriteを英英辞典でひいてみると
(Longman Dictionary of Contemporary English より)

adjective
1 your favourite person or thing is the one that you like the most:

とありました。

※ちなみにfavoriteはイギリス英語だとfavouriteと書きます。

日本語で「お気に入り」とか「好きな~」というと、いくつか
あってもいいように思いますが、厳密には“一番”をつけないと
本当のfavoriteの意味とはズレてしまうんですね。

簡単な英語でも英英辞典で学んでおかないと、こういうことが
あるのです。^^;

よろしければクリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村

◆留学ブログ、こちらで書いてます◆
Over40のニュージーランド留学雑記

Comments

comments