中学校へ向けてコツコツと。(1)

  • 中学校へ向けてコツコツと。(1) はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

…だいぶ更新が滞っておりました(><;)
学校の方も2学期が始まってすでに半月以上経ってしまいました。

2学期は小学生から高校生まで、1年の中で一番長くて忙しい時ではないでしょうか。加えて最高学年なら、来年度の「進路」について考え、リアルに行動を取っていかなくてはいけない時期です。

私は小学生~中学生を教えることが多かったのですが、この時期に「中学校の英語の授業に備えて」英語の勉強を始めるお子さんが増える気がします。英語教育に熱心なお家は、もっと小さい頃から英会話学校などに通われていたりするでしょうが、そのように勉強してきたお子さんも、ここで「中学校の英語の授業に備えた」英語の勉強を始めることをお勧めします。

つまり
英語のルール(文法)を理解し、問題をどんどん解いていく勉強を始める
ということです。

こんなことを言うと「なんでそんな時代錯誤な勉強を今さらやらせるんだむっ」と思われるかもしれません。
が、ここで言いたいのは学習法の流行り廃りや善し悪しではありません。
どんな学習法でも一長一短があります。

中学校の英語の授業にきちんとついていけて、学校でも楽しく勉強ができ、中間&期末テストもちゃんとできるようにするなら、上記のような勉強はどうしても必要だと思います。

私が大手英会話学校の講師をしていた時、中学1年生のクラスを担当していたことがあります。みんな小さい頃から英会話に通い、「英語大好きドキドキと言っているような子たちでした。
でも、2学期頃から「なんか英語が嫌いになってきた…」などと言いだす子がチラチラ出てきました。理由は「学校の授業にうまくついていけないから」

教科書の文章はなんとなく理解できても、先生の説明がよく分からなかったり、宿題のワークブックやテストの問題が自信を持って解けなかったりすることが多いのです。
なので英検では3級や4級が受かっても、テストの点数が伸びない。

彼らの親御さん世代(たぶん私と同世代でしょうが(;^ω^A)の英語の授業に比べれば、学校の授業もずいぶん実践的で、どんどん英語でしゃべらせたり、ゲームを取り入れたりして英会話学校のような要素を取り入れて教えたりはしていると思います。しかし、宿題やテストの形式は昔とさほど変わりません。文法を理解して、問題を解き慣れていないと、学校の英語にはうまくついていけなくなってしまうかもしれないです。

英会話学校は楽しいけど、学校の英語は嫌い

では、バランスのいい英語学習とは言えません。
日本の英語の学校教育はいろいろ批判されることは多いですが(汗)、今のお子さんはその教育制度の中で学校生活を送らなきゃいけないわけですから。
それに、文法中心の勉強だって絶対役に立つのです。無駄になることではありません。とっかかりが面倒で、面白くないだけです叫び

とくに来年度からは中学校の学習指導要領が変わります。授業方法が大きく変わることはないでしょうが、英語の授業数が増え、覚えなければいけない語彙も増えます。クリアしなければならないハードルは高くなるでしょう。今からしっかり準備をしましょう。

Comments

comments

  • 2011 09.21
  • 中学校へ向けてコツコツと。(1) はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今まで学んだ自己啓発、成功法則じゃ変われなかった人に

あなたが日本人なら、
最も使いやすい&実現しやすい
成幸の秘訣”

日本語(言霊)の力を
知り、利用すること

です。

私が半年間、「言霊学セミナー」で学んだツボが
この本には詰まっています。

あなたの人生に奇跡をもたらす 和の成功法則

参加募集中!

「ことだま力」で、あなたの

・悩み、問題を解決できます!

・夢が叶いやすくなります!

・生き方が変わります!

そんな「ことだま力」の使い方、知りたくありませんか?

ことだまメソッド「まなゆい」を取り入れた
ことだま力ワークショップ、セッション やってます。

 

~自分を解放する!
ことだまワークショップ~

◆5月13日(土) 10:00~15:00
岡崎市 こあサロン

詳細はこちらでどうぞ

「まなゆい」が詳しく紹介されてます!

『実践!世界一ふざけた夢の叶え方』 こちらで購入すると、特典付きますよ~
2017-01-16 21.41.36

アーカイブ