いつもありがとうございます。
「幸せのことば師」佐藤 文香です。
前回ちょろっと書いた、「親を手放す」
ことで、さらに思ったこと。

「佐藤さん、親からものすごい
愛情いっぱいに育ててもらったでしょ」

と言われました。
そうなんです。

我が家は私たち子どもが大学へ行くように
なるくらいまで、みんなで食卓を囲み、
いろんな話をするような家族でした。

進路や、やりたいことに対して反対される
こともありません。
(ブツブツ言われることや、要らん心配を
投げかけられることはありますが…)

逆に「だったらこれをやってみたら」
「こんな本、ニュースが出てたから
見てみて」とかいうお節介(苦笑)は、
いっぱい来ました(今でもだけど)。

世間的に見れば、ものすごい幸せな家族
ですよ。

でもね、幸せな家族の中で親に愛情を
注がれて育ったからと言って、親子の間に
闇が生まれないわけではない。

とは言っても、「親に虐待された」
「親子の間に確執がある」なんて言う
人たちを見ると、「私なんてマシな方
なんだから、傷ついた、辛かった、
こうしてほしかったなんてあんまり
言っちゃいけないかも」と思って
しまうんです。

だから、自分の感情をよけいに抑えてしまう。

そういう思いは、他人と比較して重さを
判断するものじゃないんだけどね。

こうやってみると、“愛情”を注がれて
育った方が、そこで生まれた闇を
認めにくいため、案外こじれるかも
しれません。

これね、足ツボの先生の言葉でハッ!と
気づいたんですが、愛情を注がれたから
こそ、闇もできるんです。

そう思った瞬間、私は心の中で

親からの愛情は要らんのじゃ!!!
と思った自分を、受け入れ、認め、ゆるし、
愛しています

と叫んでいました(笑)。

 

そうなんです!!
世のお父さん、お母さん。

子どもに愛情を注ぐのはやめましょう!!

って、どういうことか分かりますか(^-^;?

もちょっと細かく言うと、愛情の
要らない、ということなんです。

これね、実は外氣功を学んでいる頃、
先生にもさんざん言われたこと。

“情”というのは、ひと言でいうと""
と同じようなものなんです。

自分の勝手な思い、願い、期待と言えば
分かりやすいかな。

だから、そういうものを子どもに注げば、
それは子どもの固定観念を作り出すし、
プレッシャーや傷になることもあります。

与えていいのは、ただだけ。

「受け入れ、認め、ゆるし、愛しています」
のまなゆい精神だけだと思うんです。

ほとんどの親はここを勘違いしている、
というか、“愛”と“愛情”が違うことを
知らずに、“愛情”ばっかりかけて
しまうんですよね。

そりゃー、子どもも重くなるわいな(-_-;)

とはいえ、親に面と向かって
「愛情は要らんかったんじゃ!!」
と言ってもどうにもならんので(苦笑)、
気づいた私自身が、親からもらった
“愛情の鎖”を、これからほどいて
いかなきゃいかんのですね。

世の、子を持つ親の皆さま、これ読んで
「そうなのか~」と思っていただけたら、
これからは子どもさんには“愛”だけを
たっぷり注いであげてください。

「まなゆい」セッション100名モニター募集!

 

「受け入れ、認め、ゆるし、愛しています」
という4つの「幸せ語」で、
自分がどうしたいのかが見つかる
コトダマメソッドを体験しませんか?

通常1万縁のところ

インストラクターコース「100人プロジェクト」
参加中につき、無料で行います!

 

対面は、岡崎市内の「こあサロン」または幸田町の自宅で行います。
Skype、LINEでもOK!

◆セッションは約30分
◆セッションを受けた感想のフィードバックをお願いします。
※対面の場合は、その場でご記入ください。
※SkypeまたはLINE等でのセッションの場合は、
後日メールまたはメッセージでお送りください。

「まなゆいセッション」について詳しくはこちら
ご希望の方はこちらのフォームからお申し込みください。

 

【今日のことば】「し」

★あなたのょう(情)を、まき散らしていませんか?

よかったら↓のコメントで教えてください(^_-)-☆

 

◆いつも「いいね」やコメントを、
ありがとうございます。
コメント欄は、みなさんをつなぐコミュニティ
です。
お気軽にひと言残して下さると嬉しいです。

Comments

comments