メリル・ストリープが3度目のアカデミー賞主演女優賞を獲得した映画です。実物とそっくり! と評判でしたね。

***カチンコ***映画***チケット***カチンコ***映画***チケット***カチンコ***映画***チケット***

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
原題はTHE IRON LADY

“鉄の女”という呼び名はサッチャー元首相の代名詞のように使われていますが、もともと女性の政治リーダーはこう呼ばれることが多いようです。例えばインドのインディラ・ガンディー元首相。

そもそも国のトップに立つ政治的リーダーは鉄のように強い意志で国をひっぱっていくべき人だとは思いますが、なぜ女性に限って“鉄の~”という呼び方になるのかな^^;
どうも“鉄の~”というと、強固な精神力だけでなく冷徹なイメージもついてくるような気がしますが、どうでしょうか。

この映画、原題は「Iron Lady」といっているだけですが、内容をみると“強くて冷徹な女”以外のところ、例えば首脳ならではの苦悩、女性ならではの苦悩、危険と隣り合わせの“国のトップ”の実態なども描かれていて、タイトルとのコントラストを感じました。こういうタイトルのつけ方もストーリーのインパクトがありますね。

Comments

comments