最近、中学生・高校生に英語を教えていて思うこと。

センテンスを書くとき、なぜ語末のピリオド「.」とクエスチョンマーク「?」をあんなにもつけ忘れるのか?

小さい時から、少なくとも中学校に上がる前から私が教えている子どもたちは、そういうミスはあまりしませんでした。
けっこううるさくチェックしていたのでべーっだ!

でも、去年教えていた高校の生徒たち、ことし家庭教師をしている中学生、本当に「なんでそんなにもつけない??」とあきれるほど、ピリオドとクエスチョンマークが落ちますあせる

私が教えていた高校は、定期試験でセンテンスを書かなければいけないような答えは、解答用紙にあらかじめピリオドが入っていたりしました。
私は「まぁ、底辺校だからなぁ(苦笑)」という程度にしか思っていなかったのですが、ことしみている中3生(英語の成績は中の上くらい)も片っ端からピリオドやクエスチョンマークが落ちるのです。

ある日、ふと思いついて中学生の持っている公立高校の過去問を見せてもらいました。
そうしたら、ここでも解答用紙にピリオドがもう書いてあるではありませんか!!

・・・そういうことかぁガーン

今の中学校の英語の授業では、文章の終わりにピリオドをつけるということは、それほど重要視していないのですね。

私の世代は文末にピリオドをつけることは当たり前のように教わってきたと思います。
小学校の国語の授業だって、作文するときは最後は「。」をつけるように教えるでしょう。
それと同じだと思うんですが。

でも、これまでの学習指導要領は「話すこと」重視でしたが、今年度からは「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をまんべんなくのばしていくことになっています。
これからはピリオド&クエスチョンマークもちゃんと書くように、学校でも教えていくのでしょうか。

まぁ、私は学校で教える、教えないにかかわらずこういうところはうるさいですにひひ

文の最後はきちんとピリオド、クエスチョンマークをつけましょう!

Comments

comments