よーこんなアイデア思いついたなぁにひひと、感心するような映画です。R指定のファンタジー(笑)

カチンコ映画チケットカチンコ映画チケットカチンコ映画チケットカチンコ映画チケットカチンコ映画チケット

テッド

原題はTed

Tedというのは主人公でもあるクマのぬいぐるみの名前。とはいえ、これは愛称ですね。本当はTeddyと言います。

ま、テディ・ベアの名前をTeddyとしてしまう、相棒(!?)ジョンのセンスもどうかと思いますがあせる

では、なぜクマのぬいぐるみをそもそもテディ・ベアというのでしょう?

この由来もだいぶ知られるようになってきたと思いますが、テディというのはアメリカの第26代大統領セオドア・ルーズベルトTheodore Roosevelt)からきています。
彼の愛称がTeddyだったんですが、それがなぜクマのぬいぐるみに付けられたのかというと、Wikiではこんな風に紹介されています。

1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である熊狩りに出掛けたが、獲物をしとめることができなかった。
そこで同行していたハンターが年老いた雌熊(一説には傷を負った子熊)のアメリカグマを追いつめて最後の一発を大統領に頼んだが、ルーズベルト大統領は「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」として撃たなかった。
このことが同行していた新聞記者によって新聞に掲載され、このエピソードにちなんで翌年バーモント州のおもちゃメーカー[要出典]が熊のぬいぐるみにルーズベルト大統領の通称である「テディ」と名付けて発売した。
その頃 ドイツのマルガレーテ・シュタイフの熊の縫いぐるみが大量にアメリカに輸入され、この名前が広まった。

これ以前から、ぬいぐるみの種類としてクマというのは人気だったんでしょうかね? そのへんはよく分かりませんが…

それにしても、このテディは可愛らしいクマのくせに、おっさんキャラでF(fuck)-wordを連発しますガーン

この映画に限らず、映画を見ているとけっこうf-wordって登場人物たちが口走っていますが(まぁ、字幕には訳出しないことも多いですが…汗、普通の人たちもあんなにf-wordを日常の中で使うんでしょうか??

私たちnon-nativeはいくら英語が堪能になったといっても、あんまりこの手の言葉は使わない方が賢明です(^^ゞ

Comments

comments