日本在住が10年以上になるアメリカ人の先生が、こないだ私に向かっておもむろに聞いてきました。

「bunka、紫陽花(あじさい)って英語でなんて言うの?」

紫陽花はhydrangeaと言います。

hydrというのはギリシア語で「水」という意味があります。
水関係の単語でこの語を接頭辞に持っている言葉はいろいろありますね。

例えば
•hydration(化)水酸化(水和)(作用)
•hydrogen水素
[語源] Gk.hydor(=water)

など。

アルクのサイトに語源辞典のページがあるのですが、そこにもちゃんと載ってます

でも“水”という意味の語を持つ花なんて、いかにも梅雨の時期に咲く花、って感じですよねあじさい

ところで、ネイティブのアメリカ人が「hydrangea」という単語を知らないのか~目

植物などは学名としては英語名があっても、あまり一般的でないものはネイティブでも知らないものはあるんですよね。
日本の草花や野菜はけっこうそういうパターンなのかもしれません。

Comments

comments