『外国人』ということば

  • 『外国人』ということば はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

『THE HUFFINGTON POST』でこんな記事を見ました。

日本に「外国人」いらない

これに対してFacebook上でついたコメントは、多くが記事に
対する反論。

「言葉狩りだ」とか、「英語でも“foreigner”って言うじゃん」とか。

私も最初、この記事はちょっと過剰反応で皮肉に書き過ぎ、と感じました。

でも、もう少し深くとらえる必要があるとも思います。

Facebookでコメントを書いている人は『外国人』ということば
だけでこの記事をとらえているようですが、問題はそこでは
ないんです。

実は↑の記事を見つけた数日前に、こんな記事も目にしました。

“外国人”を英語にすると?(by日刊英語ライフ)

私はさすがに『外人』ということばは使いませんが、これを読んで
『外国人』、『foreigner』ということばの使い方を考えてしまいました。

今は多くの人が海外旅行に行ったり、海外に住んだりしています。

自分が生まれた国とは違う国で、市民権や国籍を取る人もいっぱい
います。

そんなご時世で、多くの国では『自国民』(この表現ピッタリでは
ないんですがほかにことばが思い浮かばないんで…)
『外国人』と分けて考えること自体が、不自然になってきています。

一方、日本は海外から来て日本に住んでいる人の割合が
増えてきているとはいえ、ほかの国に比べればまだ少ない状態
だと思います。

だから日常生活の中でそういう人たちと接する機会がないと、
どうしても日本人と接するのとは違う態度になりがちです。

でも、相手がどこの国の人だろうと、まずは日本語で話しかけ、
日本人同士でするのと同じような態度で接すればいいんですよ。

「それじゃ、旅行者や日本に慣れていない人には通じないんじゃ
ない?」という人もいるかもしれません。

そうしたら、相手の望んでいるものをみてから、できる範囲で
接し方を変えればいいんです。

そもそも彼らの方が日本に来ているんだから、生活習慣や風習など
については“郷に入れば郷に従え”でやってくださいよ、と
私は思います。

でも日本人にはいい意味での“おもてなし精神”がありますから、
そういう思いで相手に合わせてあげようとするのは悪いことでは
ないですよね。

逆に“おもてなし精神”は、相手が『日本人』『外国人』で使い分けるものではないでしょう。

やはり、相手がどの国の人であろうと、どんな人種の人であろうと、同じ態度、同じ思いで接すればいい、というのが私の結論かな。

よろしければクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◆留学ブログ、こちらで書いてます◆
Over40のニュージーランド留学雑記

Comments

comments

  • 2015 06.29
  • 『外国人』ということば はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今まで学んだ自己啓発、成功法則じゃ変われなかった人に

あなたが日本人なら、
最も使いやすい&実現しやすい
成幸の秘訣”

日本語(言霊)の力を
知り、利用すること

です。

私が半年間、「言霊学セミナー」で学んだツボが
この本には詰まっています。

あなたの人生に奇跡をもたらす 和の成功法則

参加募集中!

「ことだま力」で、あなたの

・悩み、問題を解決できます!

・夢が叶いやすくなります!

・生き方が変わります!

そんな「ことだま力」の使い方、知りたくありませんか?

ことだまメソッド「まなゆい」を取り入れた
ことだま力ワークショップ、セッション やってます。

 

~自分を解放する!
ことだまワークショップ~

◆5月13日(土) 10:00~15:00
岡崎市 こあサロン

詳細はこちらでどうぞ

「まなゆい」が詳しく紹介されてます!

『実践!世界一ふざけた夢の叶え方』 こちらで購入すると、特典付きますよ~
2017-01-16 21.41.36

アーカイブ